555リアタイ世代からの愛と感傷。

ワシは『仮面ライダー555』リアタイ世代(クウガから観てた)。

初めて自分のお小遣いで買ったCDは「JustiΦ's」です。

玩具も買ったしBlu-rayは持ってるし小説版は読んだしひと通り好きです。

まさか20周年作品ができるとは(期待と不安五分五分だった)

映画館に行くのは『仮面ライダー1号(2016)』ぶり、どんだけだよ。(でも今回の映画と似たような事やってたり)。

555新作じゃなかったらワシは行動しなかったのね。

f:id:untilrain:20240216141548j:image

観た感想としては「10年と20年の差」というか10周年のときだったらこんな満足度も得られなかったなと。

10年前ってTTFCも無かったし、Vシネのノウハウもなかったと思うし、大人用変身ベルトもそんななかったし、やれることも少なかった気がする。

最近アラサー世代がいい感じにお金も持ってきてターゲットにされてる感じがひしひしと感じる。

ここ最近はグリッドマンユニバースとかいろいろ「ファンムービーでいいんだよ」って傾向が増えてきたと思うし、本当にそれでいいって思う。

本当にね10年ぐらい前のVシネの作品群観てもね予算と時間のなさや脚本のクオリティもひどいし観れたもんがなかった。

ファンすらそっぽ向くそんなのが多かった。あれらの屍の上に今作がある気もしないでもない。

 

まず前提として「正統続編」ってそもそもいるか問題。

基本的に毎年世界観も設定も違うのでTVで綺麗に完結するのが基本形です。

2期の冬映画以降その後の話も出てきたりします、さらに鎧武以降はまたその後の話が作られてしまったりしております。

内容はぶっちゃけ「TVが終わりでいいじゃん」ってなります、要は蛇足of蛇足にしかなっておりません。(鎧武外伝は超スピンオフだったからよかった方だけど)

あとそれに登場するフォームだったりが改造とかリデコだったりわざとかってぐらい全部かっこよくないっていう。

その点パラリゲは新規デザインのライダーも登場するし、オルフェノクも登場したりと頑張ってた。そういうの大事。

今回平成ライダーの正当な続編は初だったんだけど、555以外無理じゃね?むずくね?って結局なってしまった。

井上敏樹の作品(アギト555キバ)の終わり方って余韻があるからいくらでもどうにだってできる気がしてきたけど、それ以外ってマジでムズイ。龍騎みたいに永遠に同じ人がバトルするのも...ねえ?

カブト20thもできそうだけどwやったら大いに祭りにしたい。

 

さて、本題のパラダイス・リゲインドの感想はですね。

PG-12なのでキツイ表現とか結構ある。

同じPG-12の『THE NEXT』とかは血が出るぐらいだったし、アマゾンズ映画は結構エグイ表現あったのに全年齢対象って意味わからん。

555で灰とかいい表現してきたでしょって思ってるし。

本当にね、年々キツい表現とか好き好んで観る歳でもないのでね。

ちなみに現行のニチアサライダーのガッチャードとか今すごい好きなんだけど、暗いのとか今観たいかって言えば否なのよね。

555が受けたのって2003年ライダーだったっていうのは結構ある気がして、2004年以降って明るい作品が増えてきたじゃない、子供番組の時代の変化ってたった1年でもいろいろ変わるんだ。子供の飽きるスピード舐めるな。

まあねクウガからリアタイしてたから当時の感覚としては「暗い」とかは思ってなかったです。ライダーってそういうもんって勝手に思ってたかもしれません。ちゃんと戦闘シーンもかっこよかったし。

 

はいはい脱線は置いといて、新キャラのオルフェノクさんたちも短い出番ながら結構よくて、まあなんといっても胡桃玲菜ですよね。

小説版木村沙耶という女版草加雅人というか、今回のひっかきまわし役ね。

顔がかわいいっていうのも大いにあるけど、憎めないやつ、根が純粋だから嫌味がない。

やってることがアレなんでアレになっちゃったんだけども。

激渋たっくん大好きっ子なのもいいのよ。

ミューズの戦闘シーンもとても良くて、ミューズドライバー欲しくなりますわよね。

近年行動予測するライダー(ジオウIIとかゼロツー)多いから差別化するのは大変そうだった。

DXでケータッチみたいに出来ないかしら。

CSMも買えたら買いますよ、値段本当に高いから未定だけどもw

 

巧と真理のアレは吹っ切れるキッカケではあったけど、フクザツ。

オルフェノクって意外と長生き。

気合いでなんとかなってるらしい。

北崎社長はトラウマになる。

コイツ別の意味で怖かったけど、早く倒してとなるステキな敵役だった。

魔戒騎士やないかい。当時北崎デルタもドラゴンオルフェノクも絶狼も好きでして結局藤田玲が好きなんだ。

 

ネクスファイズネクストカイザの活躍はあんまなかったです、前座。

活躍はTTFCの555殺人事件の方にあるみたいです。

問題編はとても緩くて100回ぐらい観てます。

パラリゲ観た後の方がいいかも。平和な世界線ですわとすごく思えるから。

玲菜が結構喋ってますわ。

 

アクションもすごくよかったよ。

アクション監督は和田三四郎さんね、アキバレッドね。

本編を勉強してるみたいでよくある違うみたいなのはなかったし、違和感なく観れた。

ニチアサとかやってもいいんじゃね?

 

あとはカイザ村上じゃなくて草加雅人は相変わらずの出番で、正直物語には一切関係なかったりするのよw

最後のシーンなんかさぁ、永遠に草加雅人出れるようになっちゃってwもう生死とか関係なくなってるw

 

まあね20年間ずっと好きな作品なんて本当に少ないのよ。

半田健人くんがファンのために作った、その事実だけでいい。

555なんで賛否あるけど、俺はちゃんと「観てよかった」となりました。

100点満点中68点ぐらいなんだけど、トータルで666点あげちゃうって感じ。

思い出もこみこみだから、20年間の想い舐めんな。

 

それにしても仮面ライダーミューズ/胡桃玲菜のスピンオフキボンヌ。

マジでこのキャラクター生んだこと666点よ。

今まで1回も女性ライダー好きになったことがなかった人間が言ってます。(冴子カイザ沙耶デルタ好きですが)

入場者特典に付いてるアンケートにも書いたよ。

観た人、アンケート書く際にはよろしくお願いします。

スタッフにダイレクトに見られるアンケートだから書いといて!

アクスタも即完売して、検索見る限り好評だと思うので、マジで制作しなかったらいよいよ終わってるよ。しなさい。

マジで誰にも需要がない作品をTTFCの会費私用して作ってる場合じゃないって。

フィギュアとか女素体の作れ!アクスタ再販しろ!

感傷後即予約しました。その程度には好きでした!

円盤買うのは平ジェネFOREVERぶりです。